国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
海外ボランティアとTOEFLテストのCIEE   TOEFLテストと国際教育交流のCIEE
環境保護・教育・産業 オーストラリア新発見



地球サイズの出会い、発見、成長


 
 CIEEの海外ボランティア「エコ・ボランティア」、「ボランティア&ホームステイ」の開催国であるオーストラリア。みなさんが抱くイメージはウルルやグレートバリアリーフなどの美しい大自然?それともコアラやカンガルーなどのユニークな動物たちでしょうか?それ以外にもオーストラリアには優れた研究分野やグローバルな人材を生み出す土壌があります。その魅力をオーストラリア大使館の冨永さんへのインタビューを通してご紹介します。
  これからオーストラリアへ行って自分を成長させようという方やオーストラリアで経験したことをさらに活かしたいという方のために特にCIEEのボランティア活動の分野である環境保護や初等教育などを中心にお話していただきました。


           

―まず冨永さんご自身のご経験についてお話を聞かせてください。現在、大使館職員としてお勤めされていますが、最初にオーストラリアの魅力を感じたきっかけは何だったのでしょう?
  最初のオーストラリア体験は、社会人になってから行ったシドニーとメルボルンへの観光だったのですが、その時とても居心地のいい国だなという印象を受けました。多国籍、多文化の国でアジア人も多く、自分がマイノリティとか外国人であるという意識を全く持たずに過ごせました。オーストラリア人から見ても私が外国人なのか地元の人なのか外見からはわかりませんし、オーストラリア国籍を持っている人でも英語が第二言語という場合もあります。外国に行くとよく感じる気後れや劣等感、疎外感というものを全く感じずに、それでいて英語圏の国というのはすごい環境だと思い、とても良い印象を抱きました。
  その後、日本で社会人をしていて通訳と翻訳をもっと専門的に勉強したいと考えて、オーストラリアの大学院を探し、通訳・翻訳教育で優れたいくつかの大学の中から実践的な教育をしているクイーンズランド大学(The University of Queensland)の大学院へ進みました。観光で行った時と全く同じ印象で、自分が外国人である扱いを受けずにすぐに周囲にとけ込むことができました。ここがオーストラリアに魅かれた点で、今でも留学のアドバイスをする際にはこのことを伝えています。

―留学中の生活はいかがでしたか?
  大学院は2年間で、住まいは大学の寮でした。ロータリー財団という国際組織から奨学金をもらい、それで学費や食費などをまかなえました。 これも留学相談の時にお話ししていますが、日本で「奨学金」というと高嶺の花のようなイメージですが、海外では大学の学部や学科、様々な団体が奨学金を出しているので、金銭的な負担を減らすためにもできるだけ奨学金にも申込んだ方が良いですよとアドバイスしています。もちろん奨学金を授与されたという栄誉は経歴としても残りますし。

スケールの大きいオーストラリア

―帰国後は通訳・翻訳のお仕事をされたのですか?

   帰国後は予定通りフリーランスで通訳と翻訳の仕事をしました。以前出版社で編集の仕事をしていたのでそのつてもあり、取材や編集、翻訳のお仕事もいただいていました。その中の1つがオーストラリア大使館に関するものだったんです。留学関係の資料を作り、それがご縁で2007年の5月から大使館に勤め始めました。

―オーストラリア滞在中、「オーストラリアらしさ」を感じたことで印象に残っていることはありますか?

   ブリスベンにいたのでゴールドコーストやリゾート地となっている近くの有名な島に遊びに行ったりしましたが、ビーチやそこにたどり着くまでの道が本当に広いですね。自然や国のスケールの大きさを感じましたし、資源国という意味では今後も国の力は衰えないのではないかと思います。
  住んでいた寮にはイギリス、ノルウェー、ベトナム、中国、南アフリカなど様々な国から来た留学生がいました。生活を通して多様なバックグラウンドを持つ人たちの常識や考え方を知ったり仲良くなれたというのは多文化国家に行った醍醐味だと思います。向こうで育った日本人の方が日本人というアイデンティティを持ちながらオーストラリア国内でどのように活躍しているか見ることができたのも大変興味深かったです。

―オーストラリアの自然の中でお気に入りの場所はありますか?
  私は動物が大好きで、オーストラリア特有の有袋類の動物たちがオーストラリアを気に入ったもう一つの理由でもありました。ブリスベンではローンパインコアラ保護区(Lone Pine Koala Sanctuary)というコアラの保護施設があり、コアラの他にもカンガルーやワラビ―、ウォンバット、タスマニアデビルなどもいてそこで初めてコアラを抱っこすることもできました。そのように動物に触れあえるというのがとてもいいなと思いました。ちょっと郊外に出れば牛や羊もいますし。
   あとメルボルンが州都のビクトリア州にあるフィリップ島(Phillip Island)にはフェアリーペンギンがたくさん住んでいて、夜になると海から上がってきて巣に戻るペンギンのパレードのような姿を見ることができるエリアがあるんですが、そこは本当に良かったです。小さいペンギンがペタペタとコンクリートの上も歩きながら巣に帰るというのがとても可愛くて、メルボルンに行く人にはおすすめです。


オーストラリアのユニークな学問

―では、ここからはオーストラリアの環境保護や就学前の教育についてお聞きしたいのですが、オーストラリアで盛んな学問というと、エコツーリズムや海洋生物学などが思い浮かびます。
  そうですね。それらに加えて水の研究も進んでいます。水資源管理(water resources management)の研究や教育を行っている機関も多々あります。水質調査や干ばつ時の水の有効利用などに研究の必要性がオーストラリアにはあり、盛んに行われていて、世界的に高い評価を受けています。またおっしゃるように海洋生物学は大変人気で、動物学、獣医学も人気があります。
  あと面白いのは「海洋考古学」という学問をフリンダース大学(南オーストラリア州)などで学べるのですが、沈没船の宝探しのように海に沈んだ人工的なものや、海に沈んでしまった都市を考古学的に検証するという学問です。オーストラリア政府のエンデバー奨学金を受け、この海洋考古学を研究するためにオーストラリアへ留学された日本人の方もいらっしゃいます。 >後編へつづく

オーストラリア大使館 冨永さん

 

            

冨永さんのお仕事
(オーストラリア大使館マーケティング事務所/AUSTRADE)
オーストラリア政府の代表機関として、オーストラリアからの貿易(輸出)をサポートしています。冨永さんは教育分野の担当で、日豪の教育機関、関連団体、民間企業と連携・協力して、オーストラリアの教育のプロモーションやオーストラリアの教育機関のサポートを行っています。

このウィンドウを閉じる