大阪私学英語教育研究会主催:TOEFL iBT®指導セミナー

~リスニングを手掛かりとして、普段の授業をベースに40点を取るためには何をすべきか?~

 

本セミナーは、大阪府高等学校・専修学校英語教員を対象に大阪府「実践的英語教育」強化事業の一環として開催いたします。今回は 「TOEFL iBT指導セミナー」と題し、リスニングを手掛かりとし、普段の授業をベースに40点を取るためには何をすべきか?授業の取り組み方等、より実践的なTOEFL iBTの指導法について京都大学の金丸敏幸先生よりお話をいただきます。

 

■背景

大阪府では 2011年度よりアジアをはじめ世界で活躍できるリーダーを育成するため、大阪の高等学校および高等専修学校の生徒の英語によるコミュニケーション能力を向上させることを事業目的とし大阪府「実践的英語教育」強化事業を実施しています。国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部では、TOEFL iBTの実施・運営元である米国ETSと協力し様々な側面からサポートしており本セミナーも事業の推進の一環として、2012年7月7日に大阪府下の国公私立の高等学校・高等専修学校の教職員を対象に開催することになりました。

■セミナーの概要

日  時:
2012年7月7日(土) 14:30~17:00(受付14:00~)
主 催 者:
大阪私学英語教育研究会(私英研)
会  場:
大阪府私学教育文化会館 5階 蘭 
〒534-0026 大阪府大阪市都島区網島6-20
対  象:
大阪府下の私立の高等学校の教職員、国公立の高等学校・高等専修学校の英語教員
参 加 費:
無料
内  容:
「リスニングを手掛かりとして、普段の授業をベースに40点を取るためには何をすべきか?」
(*今回目標とされている点数は、本事業のベーシックスコアである38点を元に設定)
申 込:
*本セミナーは終了しております。

【講師略歴】

京都大学大学院人間・環境学研究科助教 金丸敏幸先生
中本先生
京都大学大学院人間・環境学研究科修了(修士、博士(人間・環境学))。
専門は言語学(認知言語学)、英語教育(EAP、語彙、ライティング)、自然言語処理(文書分類、言語教育支援)。
現在、京都大学大学院人間・環境学研究科外国語教育論講座助教。
同大学にてテスティング(TOEFL)のクラスを担当。
著書:『Writing for Academic Purposes-英作文を卒業して英語論文を書く』
   (共著、ひつじ書房、大学英語教育学会賞(実践賞)受賞)
    『TOEFL ITPテスト 公式テスト問題&学習ガイド』(研究社)
論文:「テンス・アスペクト・モダリティの翻訳における機械翻訳システムの誤りの調査」(共著、FIT論文賞受賞)など
論文:「母語を活用した英語指導-高校の英作文授業における「意味順」の効果検証」,
Studies in English Teaching and Learning in East Asia, No.4., 2012年,
pp.33-49. (共著)、
「アカデミックライティング授業におけるフィードバックの研究―Criterion(R)を導入した授業実践からの示唆―」,
『京都大学高等教育研究 第17号』, 2012年, pp.97-108. (共著) など

【お申込・お問合せ先】

*お申し込みは下記まで直接お問合せください。


■私立学校の場合
大阪私立学校英語教育研究会事務局 (金蘭千里中学校高等学校内)
担当: 副会長 森脇啓次先生
Tel: 06-6872-0263   Fax: 06-6872-7134   メールアドレス: shieiken@osaka.email.ne.jp
申込みFAX用紙はこちら

■国公立学校の場合
大阪府教育委員会事務局
教育振興室高等学校課 主任指導主事 池嶋伸晃先生
Tel: 06-6946-2387   Fax: 06-6944-6888

このウィンドウを閉じる