海外ボランティア初心者ガイド

  • print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回 早めにやっておきたい事前の準備と旅のプラン
【その1 】

 

  • パッカー君、国際ボランティアプロジェクトの申込みできました! 洋服の準備とかはまだまだ早いし、今のところやることはないですね。
  • いやいや、洋服の準備はまだ早くても、早めにしておきたい事前準備はあるんだよ!
  • え、そうなの…
    それって例えばどんなものがあるの?
  • そうだなー、例えば航空券やパスポートの発行だよ。
    それに事前旅行の計画もしておくといいよ!
  • え!飛行機はまだ早すぎないかなー…
    それにパスポートも直前で大丈夫だと思うけどなー
  • そんなことはないよ!
    航空券は買う時期によって値段が全然違うし、パスポートも意外と時間がかかるんだよ!
  • え、そうだったの… でも、航空券の買い方もわからないし、
    他になにをしたらいいか全然わからないわ…
  • それじゃー、それらについてインターンの皆がわかりやすく説明してくれているから、見てみよう!

  • 早めに済ませておきたい事前準備!


    パスポート・ビザ


    【パスポート】

    海外に行くのがはじめてという人は、何よりもまずはパスポートの発行から始めなければなりません。戸籍抄本を取り寄せたり、写真を用意したり、と手続きには手間と時間がかかります。また、即日発行ではなく申請から受領まで1週間ほどかかります。書類等の用意も考えると2週間はかかると思ってもいいでしょう。時間に余裕をもつことが大切です。

    【ビザ】

    国によってはビザが必要な場合もあります。入手方法も国によって違うので、事前にきちんと調べておきましょう。私の場合、インドネシアでは機内で必要書類を記入した後、入国審査の際に書類を提出し購入するという方法をとりました。
    (インターン3期生)




    航空券・宿

    【航空券】
    航空券は出発が近くなれば、近くなるほど値段が上がっていくので早めに予約することをおすすめします。特にお盆休みの前後はかなり高くなるので気を付けましょう。反対に早く予約すればするほど安くすみます。
    航空券を予約する際にはいくつかの方法と注意すべき点があります。
    まず予約の方法についてですが、これには「代理店に頼む」と「自力でとる」の二つの方法があります。
    海外旅行が初めてや慣れていない人は旅行代理店や大学生協に頼むのが良いでしょう。代理店に頼む際のメリット・デメリットを紹介します。


    ○メリット
    色々な情報が手に入る
    確実

    ×デメリット
    手数料がかかる

    また、旅行代理店はいくつもあり手数料も違ってくるのでいくつか見てみることをおすすめします。どこに頼めばいいかわからない!という方にはCIEEトラベルデスクがおすすめです。国際ボランティアプロジェクトにも詳しい会社なので他では得られない情報を得ることができるかもしれません。

    海外旅行に慣れている人や、こだわりの航空会社がある人は手数料のかけずに自力でとるという選択肢もあります。代理店に頼むにしても自力でとるにしても、ちゃんと予約できているかどうかは必ず確かめるようにしましょう 。

    次に航空券を選ぶ際の注意点を紹介します。

    • ◆ 早朝・深夜着の便はなるべく避ける(人気がない時の移動は危険です)
    • ◆ 乗継の待ち時間が長すぎないか(私は6時間近く待たされました)
    • ◆ 日程に余裕はあるか(遅くても集合の2日前には開催国に着くように)
    • ◆ キャンセルや変更は可能か(変更等が不可の場合もあります)
    • ◆ 事前事後旅行をする日程の余裕はあるか(後で詳しく説明します)

    以上の点に気をつける必要がありますが、特に到着時間には注意しましょう。

    【宿】


    旅行をするためには必要不可欠、しかしお金がかかってしまうのが宿です。それを安く楽しむ方法としてドミトリーやホステルと呼ばれる宿があります。ホテルより価格が安い代わりに(1泊1000~3000円程)、一部屋4~12人の相部屋です。相部屋に抵抗のある人もいるかもしれませんが、若い年代の旅行者が多いのでそこで仲良くなることも多々あります。インターン4期生の中でもホステルで仲良くなったメンバーで旅行に行ったというひともいます。宿の予約はCIEEトラベルデスクでも代行してくれるので、どんなホテル・ホステルがいいかを伝えましょう。
    しかし、残念ながらホステル内では盗難が発生することもあります。
    ここでホステルに宿泊する際に気を付けるべきことを紹介します。

    • ◆ 貴重品は自己管理

    ホステルには鍵なしの小さなロッカーが備え付けているところが多いので、南京錠の持込は必須です。また、パスポートやクレジットカードなどを部屋に置いたまま出かけないようにしましょう。

    • ◆ 早い段階での予約を

    夏のハイシーズンはどこのホステルも混雑するので、1か月前くらいには予約しといたほうが良いです。 でもやっぱり相部屋は…という人は海外のホテルチェーン店などがおすすめです。 また、飛行機の到着が早朝や深夜などの場合、空港に近くかつ送迎バスのあるホテルを利用することをおすすめします。



    鉄道・バス


    CIEEの国際ボランティアプロジェクトは現地集合、現地解散です。
    そこで、多くのプログラムが開催されているヨーロッパでは様々な鉄道会社があり、集合場所や観光する際には便利です。乗車券を当日買うこともできますが、チケット売り場はどこも混んでいて、英語が通じないこともあるので日本で予約していくと便利です。

    また、都市から都市へ移動する際に鉄道ではなく長距離バスや夜行列車を利用すると費用を抑えられます。長距離バスは座席がリクライニングできたり、トイレがついていたりと意外と快適です。夜行列車はチケットの等級によってはベッドがなく、座席の場合もあるので注意が必要です。インターン生の中でもグラナダ~バルセロナ間を夜行列車で移動した際、ベッドがなく何時間も座席で寝ていたという人がいます。 せっかくヨーロッパに行くならたくさんの都市を周りたい!という人にはヨーロッパの鉄道が乗り放題になる「ユーレイルグローバルパス」がお勧めです。インターン生もこのチケットを使いヨーロッパを満喫しています!




  • なるほど…。早めにやっておきたい事はたくさんあるんだね。
    さっそく用意しなきゃ!
    あ、そういえば前後の旅行って何?


  • ちょっとブレイクしよう。それは次のページで説明するよ。
  •  

    【その2 】へつづく